menu

打楽器演奏ロボットIROPS-4号機の試作 Pearl リズムトラベラー RT-645N/C ベース

IROPS-4号機 – MUSICROBOT (登録特許第6573355号)

小スペースで迫力ある演奏を追求するために、打楽器演奏ロボットIROPS-4号機を開発しました。パール楽器製造株式会社のリズムトラベラー RT-645N/Cをベースにしています。小出シンバル特注の12インチハイハットと組み合わせて、倍音の響きがとても素晴らしい、小型可搬性の高いシステムになっています。カバサ、ウッドブロック、タンバリン、スレイベルなどを楽曲に応じて取り付けられます。この画像ではウッドブロックとカバサを付けています。汎用性を持たせるために、バスドラムは市販のフットペダルを改造して演奏制御できるようにしています。

人の腕やつま先の運動能力では演奏不可能な高速ビートによる演奏や、強弱を交えた繊細で複雑な変拍子リズムパターンを生演奏でフレーズ確認したり、弱く安定に長時間の連続生演奏が出来るので騒音にシビアなカフェや公共の場所、ロビーでの演奏にも対応出来ます。リズムトラベラーのもつ分解組立性、軽量性を活かして、可搬性の高いシステムを実現しています。

 

MUSICROBOT 打楽器演奏ロボットIROPS-4号機(リズムトラベラー RT-645N/Cをベース)

 

 

Supported by I-O DATA財団

 

小出シンバル

 

 

この楽器演奏ロボットは登録特許(特許第6573355号)による技術です。

 

打楽器の自動演奏装置及び自動演奏方法 特許第6573355号

 

 

#MUSICROBOT #ミュージックロボット #バリアフリーミュージック #BarrierFreeMusic #IROPS-4 #楽器演奏ロボット #ドラム演奏ロボット #打楽器演奏ロボット #パーカッション演奏ロボット #MIDI #リアルタイムMIDI #GM #SMF #DTM #DAW #カバサ #ウッドブロック #PEARL #RT645N #小出シンバル #MADE_IN_JAPAN #MONOZUKURI_LAB #ものづくり研究室 #福井大学 #先端マテリアル創造ものづくり研究室 #特許第6573355号

 

(初稿 2020.5.17)

 

Canonical URL

打楽器演奏ロボットIROPS-4号機の試作 Pearl リズムトラベラー RT-645N/C ベース

打楽器演奏ロボットIROPS-3号機の紹介 TAMA タマ Cocktail-JAM CJB46C ベース

打楽器演奏ロボットIROPS-5号機の試作 ポータブルドラム Traps Drums A400NC ベース

関連記事

  1. パプリカのダンス – 手話 初音ミク…

    カウントパーソンから音を感じて、手話で、パプリカのダンスに挑戦しよう!…

  2. 打楽器演奏ロボットIROPS-3号機の紹介 TA…

    IROPS-3号機 - MUSICROBOT (登録特許第6573355…

  3. パプリカ (米津玄師, Key A) R…

    東京2020オリンピックの応援ソングのパプリカ、自分のできる方法で、パプリカ…

  4. 自分の意志で能動的に音楽を楽しむ

    バリアフリーミュージック障がいのあるなしによらずに、みんなと合奏を楽しむ…

  5. 意思伝達装置用のスイッチで『打楽器』を遠隔演奏で…

    いわゆる意思伝達スイッチを使って、各種の本物の打楽器を遠隔演奏により楽しめる…

  6. パプリカ (Key A) – 初音…

    透過プロジェクションマッピングの技術を使い、ガラス窓(高さ3m)部分に投影し…

  7. ラジオ体操第二 – 目でリズムを…

    ラジオ体操第二 (NHKラジオ体操第二)作曲: 團 伊玖磨JASRA…

  8. プロジェクションマッピング – 20…

    プロジェクションマッピングの技術を使い、音楽演奏に合わせて、バーチャルサイン…

PAGE TOP
error: