パプリカの手歌ダンス – 初音ミクをバーチャルサインシンガーとして

東京2020オリンピックの応援ソングのパプリカ、自分のできる方法で、パプリカが踊れたらと思います。この動画は、初音ミクをバーチャルサインシンガーとして起用しました。当研究室で進めている『聴覚障がいのある人が音楽に合わせてダンスや合奏を楽しめるバリアフリーミュージック支援技術の提案』に関わる内容からです。

 

等身大透明プロジェクションマッピングにより、会場内で、初音ミクと一緒に踊れる技術として開発しています。

 

 

#等身大透過プロジェクションマッピング #バリアフリーミュージック #MIDI出力_ライブ楽器演奏 #打楽器演奏ロボット #ドラム演奏ロボット #パーカッション演奏ロボット #楽器演奏ロボット #自動演奏ロボット #ミュージックロボット #人とロボットの合奏 #人とロボットの共演 #人とロボットの共生 #人と機械の調和 #バーチャルシンガー #バーチャルサインシンガー #サインダンス #手話 #手話ダンス #カウントマン #東京オリンピック #東京オリンピックパラリンピック #東京2020公認プログラム #米津玄師 #2020応援ソング #聴覚障がい #障がいをこえる

 

 

福井大学MONOZUKURI LABは、MUSICROBOTの演奏パフォーマンスと演奏支援工学技術を活かして、誰でも自分の意思で『能動的』に音楽を楽しむ『バリアフリーミュージック』を提案しています。

 

 

本動画を制作するにあたり、以下のソフトウエアを使用させて頂きました:

ツール:MikuMikuDance (MMD)
作者:樋口優 (樋口M)
ライセンス:https://sites.google.com/view/vpvp/  (Vocaloid Promotion Video Project)

ツール:MMD自動トレース
作者:miu200521358
ライセンス:https://ch.nicovideo.jp/miu200521358/blomaga/ar1686913

この場を借りましてお礼申し上げます。ありがとうございました。

本動画のコンテンツは、2019年度の福井大学工学部卒業研究、

『聴覚障がいのある人が音楽に合わせてダンスや合奏を楽しめるバリアフリーミュージック支援技術の提案』山本博建 (指導教員: 庄司英一)

の一部を紹介したものです。

MUSICROBOTは、人の歌や演奏と、ロボットによる楽器演奏との調和と共生技術から、音楽・演劇・演出における『人とロボットの共生』を探求しています。臨場感あふれるハーモニーから、音楽表現の新しい可能性を提案します。


MUSICROBOT is a collaboration unit that aims at “cooperation between humans androbots”in music. This is done through automatic musical performances by robots as well as through human performances. We explore the new possibilities of musical expression to act in harmony with presence.

MUSICROBOT
https://www.facebook.com/musicrobotlab/
https://musicrobot.org

福井大学 先端マテリアル創造ものづくり研究室
http://monozukuri.his.u-fukui.ac.jp/monozukurilab/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です