プロジェクションマッピング – 2020東京オリンピック応援ソングのパプリカ – バーチャルサインシンガーによるサインダンスパフォーマンスの試験

プロジェクションマッピングの技術を使い、音楽演奏に合わせて、バーチャルサインシンガーがダンスしている技術を紹介する実験映像です。プロジェクションマッピングを利用し、ホール2F部分のガラス窓(高さ3m)部分を利用した実験です。楽曲は東京2020オリンピックの応援ソングのパプリカ、障がいをこえて、みんなでパプリカが踊れたらもっと楽しいかと思います。この例では、聴覚障がいのある人へのサインダンスとして、バーチャルサインシンガーとして初音ミクによるシステムの実現の話題です。

 

 

楽器演奏ロボットとの迫力あるライブ演奏のもと、等身大バーチャルサインシンガーやバーチャルカウントマンと共に、一緒に楽器を演奏したり、ダンスを楽しめるバリアフリーミュージックを実現しました。床面にスクリーンを設営すれば、等身大のバーチャルシンガーやカウントマンの隣りでダンスや楽器演奏を『ライブ』で楽しめます。MIDI I/Oに対応しているので多彩なステージ演出が可能です。

 

#手話ダンス #プロジェクションマッピング #バリアフリーミュージック #打楽器演奏ロボット #ドラム演奏ロボット #パーカッション演奏ロボット #楽器演奏ロボット #自動演奏ロボット #ミュージックロボット #人とロボットの合奏 #人とロボットの共演 #人とロボットの共生 #人と機械の調和 #バーチャルシンガー #バーチャルサインシンガー #サインダンス #手話 #聴覚障がい #障がいをこえる #東京オリンピック #東京オリンピックパラリンピック #東京2020公認プログラム #米津玄師 #2020応援ソング

 

参考:

MUSICROBOTは、人の歌や演奏と、ロボットによる楽器演奏との調和と共生技術から、音楽・演劇・演出における『人とロボットの共生』を探求しています。臨場感あふれるハーモニーから、音楽表現の新しい可能性を提案します。


MUSICROBOT is a collaboration unit that aims at “cooperation between humans androbots”in music. This is done through automatic musical performances by robots as well as through human performances. We explore the new possibilities of musical expression to act in harmony with presence.

MUSICROBOT
https://www.facebook.com/musicrobotlab/
https://musicrobot.org

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です